片頭痛の治療(発作時)の要点

片頭痛 治療

 片頭痛急性期の治療は、軽度~中等度のときは、アセトアミノフェンやNSAIDsを用い、中等度~重度のときはトリプタンを用います。発作時は静かな暗い場所で安静にするか、冷却が有用なこともあります。今回、片頭痛の治療(発作時)の要点を紹介します。

急性期治療(慢性頭痛の診療ガイドライン2013)

推奨薬剤

  • アセトアミノフェン
  • NSAIDs
  • トリプタン
  • 制吐薬

頭痛の重症度に応じた層別治療

  • 軽度~中等度:NSAIDs、NSAIDs+制吐薬
  • 中等度~重度または軽度~中等度で過去にNSAIDs効果なし:トリプタン、トリプタン+制吐薬

薬剤使用方法

 トリプタン:1時間以内の早期服用

妊娠中の薬剤対応

  • アセトアミノフェン(カロナール®):経験的に安全
  • スマトリプタン(イミグラン®):胎児奇形の異常増加なし

授乳中の薬剤対応

 Relative infant dose(RID)が10%以下の薬剤は比較的安全

  • 解熱鎮痛薬:アセトアミノフェン、イブプロフェン(ブルフェン®)、ロキソプロフェン(ロキソニン)は使用できる
  • トリプタン:エレトリプタン(レルパックス®):RID 0.2%、スマトリプタン皮下注:RID 3.5%は使用できる

妊娠中の投与により催奇形性・胎児毒性を示す証拠が報告されている薬剤

  • 妊娠初期:バルプロ酸
  • 妊娠後期:NSAIDs(インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン®)など)

急性発作中の患者指導

 静かな暗い場所、冷却

月経時の片頭痛治療

 トリプタン:リザトリプタンが比較的有効(Maasumi L et al. Headache. 2017; 57:194-208.)

トリプタンの使い分け

  • 頭痛強度が高度:リザトリプタン(マクサルト®)
  • 頭痛強度が軽度~中等度:エレトリプタン、効果不十分な場合はリザトリプタン
  • 上記で不十分、強い嘔吐:スマトリプタン点鼻(スマトリプタン皮下注)

月経関連片頭痛

 ナラトリプタン(アマージ®)もしくはリザトリプタン。治療効果不十分な場合はNSAIDs同時服用

妊娠・授乳時

  • まずはアセトアミノフェン
  • 妊娠時、スマトリプタン
  • 授乳時、エレトリプタン