本サイトについて

高齢者

 日本は超高齢社会となり、65歳以上の認知症有病率は約15%と推定されています。85歳以上では4人に1人が認知症者と言われています。認知症の病理変化は40代からすでに始まっていると言われ、早い段階で予防対策をとるのが望ましいと考えられます。

 本サイトは認知症予防を通して自分らしく生きる方法について掲載していきます。少しでも認知症者が減少し、安楽な人生をおくれる人が増えることを目標にしています。また高齢者だけでなく若年者でも知的生産向上の参考になる情報を提供していきます。認知症予防を生活に取り入れ、知的生活をおくれるようお互い励んでいきましょう。