本態性振戦の診断・治療の要点

本態性振戦

 振戦は身体部位にみられる不随意性・律動性・振動性の運動異常です。高齢者で多く、40歳以上で4%にみられます。治療はプロプラノロール・プリミドン・アロチノロールなどを用います。今回、本態性振戦の診断・治療の要点を紹介します。

振戦の定義

 いずれかの身体部位にみられる不随意性(involuntary)、律動性(rhythmic)、振動性(oscillatory)の運動異常

分類

 2つの軸で分類されている

臨床的特徴

  • 病歴の特徴:発症時年齢・家族歴・進行経過
  • 振戦の特徴:身体的分布・誘発条件
  • 随伴徴候:全身的・神経学的
  • 検査所見:電気生理学的検査・画像検査

病因

  • 後天性・遺伝性・特発性

本態性振戦の診断基準

  1. 両側上肢の動作時振戦のみを呈する振戦症候群
  2. 少なくとも3年の経過
  3. 他の部位の振戦を伴うときと伴わないときがある(頭部・発声・下肢)
  4. ジストニア、失調、パーキンソニズムといった他の神経徴候を認めない

除外項目

  • 局所の振戦のみ(頭部・発声)
  • 12Hz以上の起立性振戦
  • タスクや肢位特異性振戦
  • 突然発症や階段状増悪

疫学

  • 有病率は、人口の2.5~10%
  • 高齢者で多く、40歳以上の4%、65歳以上の5~14%以上
  • 家族歴がみられることが多い(17.4~100%)

振戦の診察・観察法

  • 静止時からはじめ、計算負荷
  • 次に姿勢時、30秒以内
  • 手首背屈
  • 両示指を付くか付かないかの位置で保持(signe de bretteur)
  • 肘を曲げて、さらに張って
  • 指鼻試験
  • コップで水飲み動作
  • 実際に水を入れる
  • 書字と渦巻き
  • 歩行時、動作時など

振戦を誘発する薬剤

  • β刺激薬、バルプロ酸、リチウム、抗うつ薬、向精神薬などの副作用
  • アルコール依存症
  • カフェインの過剰摂取

治療

軽度

  • 機会服用:交感神経遮断剤・抗不安薬

中等度以上

四肢振戦(主に上肢)

  • 第一選択薬:プロプラノロール(インデラル®)、プリミドン、アロチノロール(アルマール®)
  • 第二選択薬:抗不安薬(アルプラゾラム(ソラナックス®)、ガバペンチン(ガパペン®)、トピラマート(トピナ®)、(ゾニサミド(エクセグラン®))

効果不十分

  • ボツリヌス毒素療法
  • 手術療法
    • 視床刺激療法、posterior subthalamic area (PSA)の DBS
    • 視床破壊術
    • ガンマナイフ、MRガイド下集束超音波治療