高齢者の難聴対策の要点

高齢者の難聴

 高齢者の難聴は、危険察知の遅れや、孤立・うつ状態に陥ることがあり、最近の研究では認知症のリスクになることが明らかになりました。治せる難聴に耳垢塞栓や滲出性中耳炎などがあり、矯正可能な場合は補聴器を使用することがすすめられています。今回、高齢者の難聴対策の要点を紹介します。

難聴の問題点

  • 危険の察知が遅れる
  • 人付き合いが億劫になり孤立やうつ状態に陥ることがある

コロナ時代での難聴

  • 症状が無くてもマスク着用
  • 人との距離を保ち対面会話を避ける
  • 難聴があると会話の相手が大きな声を出す、あるいはマスクを外さなければならなくなり感染のリスクになる
  • 難聴があると、家族や友人とのコミュニケーションがうまくいかなくなる

耳の構造

  • 外耳:耳介~鼓膜
  • 中耳:鼓膜~耳小骨
  • 内耳:蝸牛
  • 伝音性難聴:外耳から中耳の障害
  • 感音性難聴:内耳・蝸牛神経・脳の障害
  • 混合性難聴:伝音性+感音性難聴

治る難聴

  • 耳垢栓塞・外耳道真珠腫:外耳道閉塞により伝音性難聴→耳垢処置
  • 滲出性中耳炎:鼓膜の奥(鼓室)に浸出液が溜まる→浸出液を排液
  • 慢性穿孔性中耳炎:慢性中耳炎から鼓膜穿孔を起こす→手術による形成

補聴器の効果

全国7大学病院共同研究:シニア補聴器初心者6ヶ月の追跡

  • 遂行機能評価は、補聴器開始時 44.7点(SD 11.8)、補聴器開始6ヶ月後 46.1点(SD 12.2)と有意な改善を認めた(p=0.0106)

J Am Geriatr Soc 00:1-8, 2019.

 11万人超の大規模データより認知症、うつ、転倒に対する補聴器使用の効果を評価した研究

 補聴器非使用群を基準とした補聴器使用群のハザード比(調整後)p値
アルツハイマー病または認知症0.824(0.761-0.893)<0.001
うつ病または不安症0.894(0.856-0.934)<0.001
負傷を伴う転倒0.871(0.804-0.945)<0.001
  • 成人難聴者のうち補聴器使用者は、アルツハイマー病または認知症、うつ病または不安症、負傷を伴う転倒の診断に至るリスクが有意に低かった
  • 補聴器を使うことで、一部の認知症の発生には、予防的な効果が期待できる
  • 補聴器使用は重大な有害事象がないという点で、もっと注目されてよい選択肢と考える

以下の記事も参考にしてください