認知症患者の疫学とCOVID-19に対する特徴

covid-19

 認知症患者はCOVID-19に対して脆弱であり、罹患率が約2倍となっています。非認知症者よりもせん妄を起こしやすく、死亡率も高くなっています。最近、ApoE4遺伝子多型の患者の罹患リスクが高いと報告されています。今回、認知症患者のCOVID-19感染の特徴をまとめました。

65歳以上の認知症患者数と有病率

  • 2012年:認知症患者数 462万人、有病率 15.0%
  • 2020年推計:認知症患者数 602万人(※631万人)、有病率 17.2% (※18.0%)
  • ※各年齢の認知症有病率が上昇する場合:糖尿病有病率が、2012年から2060年までに20%上昇すると仮定した場合
  • 2025年推計:認知症患者数 675万人(※730万人)、有病率 19.0% (※20.6%)
  • 2060年推計:認知症患者数 850万人(※1154万人)、有病率 25.3% (※34.3%)
  • 65歳以上では10人に1人が認知症
  • 85歳以上では3~4人に1人が認知症
  • 90歳以上では2人に1人が認知症
  • 100歳以上ではほとんどが認知症

 イギリスでは1990年代に比べ、2000年代では認知症罹患率が低下している(F.E. Matthews et al. Lancet. 2013)→生活習慣の是正が関係していると言われている

アミロイドカスケード説

  • 髄液Aβの低下は認知症発症年齢よりも20年以上前に始まっている
  • 髄液tau上昇は認知症発症年齢よりも10年以上前に始まっている

認知症患者のCOVID-19に対する脆弱性

  • マスクやソーシャルディスタンスなど、ウィルスに対する防御手順を理解することが困難
  • 症状の訴えが非典型で、介護者が把握することが困難
  • 施設入所している患者が多く、集団感染に巻き込まれやすい
  • 日常生活動作に介助が必要であるケースが多く、身体距離をとることが難しい
  • 高齢かつ併存疾患があることが多く重症化しやすい
  • 入院によりせん妄・認知機能悪化を来しやすい
  • ApoE4遺伝子多型を持つ認知症患者はCOVID-19に感染しやすい、重症化しやすい
  • BPSDによりスタッフや他の患者へのリスクを増大させる

認知症のCOVID-19罹患リスク

Wang et al. Alz and Dementia. 2021

  • 認知症全体                        OR 2.00 (95%CI 1.94-2.06)
  • 血管性認知症                    OR 3.17 (95%CI 2.97-3.37)
  • アルツハイマー病           OR 1.86 (95%CI 1.77-1.96)

ApoE4遺伝子多型のCOVID-19感染リスク

Kuo et al. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2020.

  • e4e4       OR 2.31 (95%CI 1.65-3.24)
  • e3e4       OR 1.14 (95%CI 0.95-1.35)
  • ApoE4を持った神経細胞には新型コロナウィルスの感染が起こりやすい

認知症患者のCOVID-19初期症状の特徴

  1. 発熱
  2. 呼吸困難:非認知症者よりも有意に少ない報告.
  3. 意識レベルの変容(せん妄):非認知症者よりも有意に多い報告

COVID-19で入院した患者は精神神経症状を起こしやすい

Helms et al. N Engl J Med. 2020

  • せん妄 65%
  • 興奮 69%
  • 実行機能障害 36%

COVID-19による死亡リスク要因

  • 年齢(80歳以上)
  • 認知症
  • ADL低下(要介護度が高い)
  • DNR (蘇生措置を希望しない):認知症患者のDNR率 60.3%, OR 2.20 (1.60-3.00)。非認知症者は35.2%

COVID-19流行下での認知症悪化要因

  • 孤独
  • 抑うつ
  • 自主隔離:興奮、アパシー、抑うつ、易刺激性が多くみられる