高齢者の介護に従事している方、休養をとっていますか?一人で抱え込まずに地域包括ケア病棟を利用してください

病院廊下

 超高齢社会となり高齢者が高齢者を介護する老々介護が増加しています。また若者でも介護のために仕事や夢を諦めなければならない状況になる場合があります。介護負担軽減のため、デイサービス、ショートステイ、ヘルパーなどの介護保険サービスがありますが、医療処置(口腔内吸引や酸素吸入など)の多い方はそのようなサービスも受けられないケースがあります。平成26年に「地域包括ケア病棟」という病床が新たに設置され、在宅介護に従事している介護者の負担軽減目的としたレスパイト入院(介護者休養の間、要介護者が一時入院するシステム)が利用できるようになりました。介護者が急病になった、冠婚葬祭や旅行で留守にする、住宅改修が必要になった時、60日を期限として要介護者が「地域包括ケア病棟」に入院することができます。本記事では「地域包括ケア病棟」を利用できる条件、申込み方法、注意点を解説します。

地域包括ケア病棟の利用条件

 地域包括ケア病棟の役割は大きく2つに分かれます。1つは一般病棟(急性期病棟)で容態が落ち着いた患者の受け入れ、もう1つは地域・他院から医療レスパイト(介護者休養中の要介護者入院)やリハビリテーション目的の受け入れです。今回は後者の役割について詳しく述べます。病院によってすべて受け入れているわけではありませんので、希望する目的の入院が可能か病院の地域連携室に問い合わせてください。

①医療レスパイト入院:

 介護者負担軽減目的の入院、ショートステイ利用までの繋ぎ目的の入院です。介護者が病気や怪我などで急遽入院する必要になった、休養のため一時的に介護を任せたい、冠婚葬祭や旅行で自宅を留守にするときなどに利用できます。数日から数週間の利用が多いです。

②リハビリテーション入院:

 自宅生活支援目的のリハビリテーション入院です。回復期リハビリテーションではありませんので、リハビリテーションに費やす時間は短いです。廃用性筋萎縮で歩けなくなった方を入院して歩けるようにすることはできません。機能維持目的、自宅でも実践できるように指導する教育目的の入院と考えてください。2-3週間の利用が多いです。

③摂食・嚥下機能評価目的入院:

 食事のとき物が飲み込みにくい、むせやすい方を対象に、嚥下内視鏡や嚥下造影検査を用いた嚥下機能評価目的の入院です。言語聴覚士によるリハビリテーション、栄養課からの栄養指導を行うこともあります。3日~2週間の利用が多いです。

④自宅生活支援目的入院:

 住宅改修、介護者に吸引器などの機器使用の指導、福祉サービスの準備が整うまでの入院です。自宅退院を目的として最大60日まで利用できます。

⑤教育入院:

 糖尿病、関節リウマチ、慢性腎障害などの教育目的入院です。機器の使用法をDVDで学習する、栄養指導を受けるメニューがあります。

⑥短期治療目的入院:

 軽症の上気道炎・尿路感染症・脊椎圧迫骨折など入院治療の適応ではありませんが、自宅生活が困難な場合の入院になります。高額な検査、治療を要する場合は適応になりません。

⑦緩和ケア目的入院:

 悪性疾患の終末医療・疼痛コントロールを目的とした入院です。緩和ケアチームの判断で適応を決定する場合があります。短期の場合は看取りを行うこともあります。

地域包括ケア病棟を利用したいときどうすれば良いか

 介護保険でケアマネージャーが担当になっているときはケアマネージャーに相談してください。またかかりつけ医に相談しても良いです。病院の地域医療連携室に地域包括ケア病棟の利用相談の連絡をしてくれます。ケアマネージャーやかかりつけ医がいないときは、地域医療連携室の担当部署に電話をしてください。全くの初診の場合は情報収集のためにお時間をいただくことがあります。

地域包括ケア病棟利用で注意が必要なこと

 入院になりますので病名がつかない方は適応でありません。介護保険サービスの対象になります。高額医療を利用している方は適応から外れる場合があります。高額な検査、治療を入院中に受けることはできません。血液検査、レントゲン、心電図辺りは可能です。入院中についでに検査をして欲しいという要望は受けられない場合があります。

 これが一番重要ですが、認知症者は入院により症状が悪化する場合があります。認知症者は環境の変化で帰宅願望・徘徊・興奮などの精神症状(BPSD)を起こすリスクがあります。また閉鎖空間のため活動量が低下する可能性があります。帰宅願望を訴え入院継続が難しくなる場合は予定より早く退院することがあります。

 介護老人保健施設や療養型病院に移るまでの繋ぎの入院を受けることもありますが、地域包括ケア病棟は在宅復帰率70%以上を施設条件としています。自宅生活支援のための病棟ですので、在宅復帰率が低い場合はすぐの受け入れが難しい場合があります。  

 以上、地域包括ケア病棟の役割について説明しました。地域包括ケア病棟は一般病棟よりも開放的で、介護老人保健施設と一般病棟の中間に位置づけられています。病院によっては集団体操を定期的に行う、季節ごとにレクリエーションを行う、ボランティアと話をするサービスを行っているところもあります。医療処置として口腔内吸引、酸素吸入、胃瘻管理、人工肛門管理、褥瘡処置が可能です。一方、高額な治療・検査を必要とする方、自宅生活支援の目的から大きく外れる方については受け入れが難しいことがあります。自宅生活を支援する目的の病棟と解釈してください。利用を希望される方はまずかかりつけ医やケアマネージャーにご相談ください。病院の地域連携室が相談窓口になっているところもあります。地域包括ケア病棟は超高齢社会を想定して今後も需要が高くなると考えます。介護疲れで倒れる前に利用を考えてください。